2007年08月31日

NY大幅高も日経平均は高値抵抗ラインを抜けず!

アメリカFRBがサブプライム問題に柔軟な姿勢を示す姿勢を崩していないことから、
29日のニューヨーク市場は、前日の今年5番目の大幅安から一転247ドル以上高い大幅高と
乱高下の状態です。

これにつれて為替も113円から117円を行ったり来たりと方向感が定まらず、
投資環境は与件が確定するまでは、一喜一憂の展開が続きそうです。

しかし、30日も日経平均は上値抵抗ラインを抜けずに下降線に沿って上値を切り下げております。
ここを抜けてくれば、晴々と買える段階となります。

注目銘柄
1973NECネッツ 2794クリエイト 2801キッコーマン 

4188三菱ケミカル 4569キョーリン 4704トレンドマイクロ 

5333日本ガイシ 6287サトー 6448ブラザー 

6460セガサミー 6771池上通 6817スミダ 

8151東陽テク 8881日神不動 9513Jパワー 9783ベネッセ

ファンダメンタル分析は、各個人で調べ、
テクニカル等の売買タイミングもしっかり分析して頂きますと最大限有益な情報となるかと思います。

短期の調整を終了し、非常に「煮詰まり感がある」銘柄です。
この、銘柄を参考に、投資・売買することは否定しませんが自己責任でお願いします。
利益を保証するものではありません。
上がってしまった銘柄は追わず、押し目からタイミングを計って出動するようにしましょう。

posted by 天地 リョウ at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日 株式市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック






ボーナス 運用

投資信託入門と実践
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。