2007年10月03日

東京株式市況:日経平均は17000円台を回復

前日のニューヨーク株式市況は、FRBの更なる金利引き下げ期待から、
一気に過去最高値を更新したことや為替が円安に振れていることを好感し、
朝方から幅広い銘柄に買いが入り17000円台を回復しました。

ここで日経平均の日足チャートを見てください。
窓空けで上げたところを見るにこの強さは本物と見るか。

反面、前回の下降局面で丁度この水準で踊り場(下げの)を形成していることから、
一旦、頭を押さえられる可能性が大きいと読む方もいらっしゃるでしょう。

注目銘柄
1852浅沼組 2051農産工 3360グリーンホスピ 

3551ダイニック 4540ツムラ 5331ノリタケ 

5931川田工 6445蛇の目 6462リケン

6958CMK 7276小糸製 8086ニプロ 

8309三井トラスト 8875東栄住 9119飯野海運 9613NTTデータ

短期の調整を終了し、非常に「煮詰まり感がある」銘柄です。
この、銘柄を参考に、投資・売買することは否定しませんが自己責任でお願いします。

利益を保証するものではありません。
上がってしまった銘柄は追わず、押し目からタイミングを計って出動するようにしましょう。

posted by 天地 リョウ at 16:06 | TrackBack(0) | 東証一部 株式市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58616974

この記事へのトラックバック






ボーナス 運用

投資信託入門と実践
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。