2007年02月05日

株式投資に応用してみたい統計・・・!

1−73 2−55 3−60 4−69 5−48 6−64 7−52 8−56 
9−41 10−53 11−55 12−58

これ、引き算ではありません。

一つ一つの数字が意味を持っています。数字の羅列だけで何がなんだか分からない?
それはとても正常な方です!

「早くモッタイブラナイデ答えを言えよ」「ハイ、解りました」・・・。

この数字の「 ― 」の左側の数字は「月」を表しています。
また、右側の数字は「百分率」を表しています。何の百分率かと申しますと・・・。

過去、約50年間の月々の相場「騰落率」です。もうお分かりと思いますが;
1―73は過去約50年間の1月相場が上昇した年が73%ありました、という意味です。

同様に、2月が55%、3月は60%・・・という統計になっています。

もう、鋭い貴方ならお分かりですよね!
この月の上昇率の傾向を読みとって投資(株式の売買)に利用できないかということです。

例えば、9月から12月は、株が下げる傾向にありますから、
「下がったところを買っておいて、1月の高くなったところで利食う」という戦法が、
確率で考えれば有利なわけです。

同じく2月(又は3月)買いの4月売りなども有効ですし、
9月は41%と売られる月なのでここを利用しても良いでしょう。

こんなところにも儲けの種はころがっているのですね!貴方も利用しては如何ですか!

-----------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
http://kotoba-ok.com/
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月31日

株式投資の銘柄選択の基準を再検討しよう!

あなたは、ご自分が銘柄を選択する場合、株価の水準が買われ過ぎかどうかを判断する方法として
どんな方法を使っていますか?

一般的にポピュラーな方法としてはPER(株価収益率)を使っているのではないでしょうか!

このPERは、現在の株価を一株益で割って計算された値で、買われ過ぎか否かを判定しますが、
買われ過ぎとはいったい何倍からなのか、私には、曖昧に思えてなりません。

一般的には20倍以上ならば買われ過ぎとか、何倍までなら買って良いとか言っていますが、
この基準は全銘柄の平均PERを参考にしているようです。

しかし、35倍でも買われる銘柄は買われるのですから!

そこで、もう一つ別な観点から株価を見ることができます。

それは、現時点でその会社が解散したなら、一株いくらの価値になるのかという、
貸借対照表の純資本つまり株主資本から判断する方法です。

この純資本を発行済み株式総数で除しますと、一株株主資本が算出されます。

つまり、この会社は現在、一株○○円の価値を実質的に持っているわけですから、
現在売買されている市場価格と比較して市場価格が大幅に上回っていれば買われすぎ、
下回っていれば安値におかれている訳です。

だだ、これだけでは片手落ちです。もし厳格に算定するならば、
最低でも当期と来期の一株損益を加減して算出した一株株主資本を使用しなければなりません。

以上、言葉で説明すると、複雑に思えるかもしれませんが、
計算は非常に簡単ですし、四季報には必ず表示されていますので、
銘柄選定の参考にして下さいね!がんばりましょう!

--------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

投資家の投資行動に注目してみると買われる銘柄のヒントになるかも!

最近の投資家の傾向を見ていると「配当性向の高い会社」を買う投資行動をよく散見します。

銀行預金利息の低迷で利息による所得よりも少しでも多い配当を期待しての行動と思われます。
また、投資アドバイザーなども「配当性向の高い銘柄」を推奨していますので、
その傾向はこれからも顕著になるものと思われます。

ところで、配当が高いとは、どういうことを意味しているのでしょうか?

ある会社で一株の利益が100円あったとします。

もし、配当性向25%としますと25円が株主に支払われ
残りの75円は内部留保で利益準備金に組み入れられ資本の増加により、
将来の投資又は欠損時の取り崩しなどに使われます。

このことは、一株株主資本が75円増加したことを意味します。

それでは、配当性向が5%ならば如何でしょうか。株主には5円しか払われず、
95円が内部留保ということになり一株株主資本は95円増加することになります。

よくよく考えてみますと、株主としての資産状況は配当性向が高かろうが低かろうが
変わらないことが理解できます。

だだ、株主として配当という、流動性の高い(現金)資産をたくさん貰うか、
それとも一株の価値の増加で貰うかの違いなのです。

ところが、最近のような低金利時代で尚且つ上昇相場の時は、
配当性向の高い銘柄が買われる傾向があり、その結果、たくさんの配当にあずかりながら、
尚且つ株価上昇という、ダブルメリットが実現できる時期なのです。

あえて、時期と申し上げたのは、常にそのダブルメリットを享受できるとは限らないということです。
日銀の金融政策の変化(公定歩合の上昇)、全体相場が調整局面に入った時などは気をつけましょう。

配当と内部留保は企業にとっては相反する財産状態を意味することですから!

-----------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

実力のある投資家は、ボラティリティーの大きい銘柄を好む!

投資家は安全に極大利益を求める傾向があります。
投資の世界ではこの相反する命題を追及して誰もが投資行動をおこしています。

この安全の対極にある用語に「ボラティリティー」という用語があります。

この用語は、オプション取引をされている方はご存知と思いますが、
株価の動きが大きくなると「ボラティリティーが大きい」と言われます。

裏をかえしますと、振れ幅が大きい訳で「ボラティリティー」は
「リスク」と同じ意味にもつかわれます。

投資家が望む「安全」とは「確実」と言う意味が多いのでしょうが、
もう一方で安全は「ボラティリティーが小さい」つまりあまり株価が動かないということなのです。

もし、株価が動かないとしたら、また、何時動き出すかわからないとしたら
「儲けを期待して」投資する「株式投資」は全く意味がないことになります。

結局「株式投資」で利益を望むのであれば、
「ボラティリティーが大きい」銘柄に乗るしかないのです。

よく下げられるのが嫌な投機家がおりますが、賢明な投機家は大きく上げても、
大きく下げても喜ぶことのできる人なのです。

なぜなら、彼等は「リスク」をチャンスととらえているからです。

彼等が一番嫌うのは「相場が動かない」ことです。
投資効率とは「ボラティリティーが大きい」銘柄を買って、短期間で利益を出すことで、
「値幅」だけでなく「時間」という要素も加味されなければなりません。

結局「株式投資」とは「リスク」をとりつつ短期で大きな利益をだすための行動なのです。

-----------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
↓↓
これはどうでしょうか
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

株式相場では、テーマを無視せず、テクニカルを大切に

昨年11月下旬から上昇しつづけてきた東京株式市場ですが、新年に入ってからは、
調整色の濃い相場つきとなっています。

以前からこのブログで「相場のテーマ」に逆らわずに投資することを、
一貫して推奨してまいりましたが、貴方もテーマどおりの銘柄を仕込んで、
今では「左内輪」の悠々たるものでは・・?

一年以上も前に、新日鉄が200円台のころに新日鉄1000円目標で投資している知人
(投資顧問)の話をしましたが、その時、多分あなたは気が狂っていると思ったことでしょう。
つい、最近新日鉄は691円高値を付けました。

こんな銘柄を長期で仕込んでおけば、利益がでていないなんてことはないですよね。
これがテーマを大切にするという意味です。

でも、こんな楽にとれる相場はなかなかありませんから、
是非大きなキャピタル・ゲインを享受して頂きたいものです。
そのためのチャートを利用した極大利益の確保案内です。

今日は、「包み線」のお話しになりますが、ご存知の方もお付合いくださいネ!

この「包み線」には二つのパターンがありまして、一つは、
大陽線が前日の陰線の終値より下で寄り付いてその後大引けでは、
前日の陰線の寄り付きよりも遥か上で引けた(大陽線が前日の陰線を大きく包む形で引けた)時、
「抱きの一本立ち」と呼ばれ、ここからは上昇トレンド入りという目出度いかたちです。

それとは反対に、もう一つは、前日の陽線の終値より、遥か上で寄ったが買いが続かず、
大引けにかけては売られ、前日の陽線の寄り付きよりもだいぶ下の「大陰線」で引けたパターンです。
これを、「最後の抱き線」といって下降トレンド入りの最悪パターンです。

ご参考までに!

貴方の銘柄の利益を守ってあげてください。

-----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
何だ?
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

虎の子の含み益を確定する方法!

上昇相場で利益がのってきた時、いつ利食うべきか迷っているうちに、
下げられてしまって、戻りを待っていたところ再度反騰してきて
やれやれ一安心と思った瞬間、売る暇も無く再度下げてしまい、
前の安値より下がって結局含み益を吐き出してしまった。

こういう経験をしたことがありませんか?

さて、貴方の虎の子の利益を守るには・・・。

注目していた株をタイミングよく上がり端を買うことができて、
グングン上昇してきた時のワクワクした気持ち。なんとも言えないですね!

でも、これってまだ利益を手中に収めたわけではなのですよね!

そこで大きく利益が乗った時、貴方は何を頼りに利食いをしますか?

貴方の鋭い感が働いて天井で売れたらそれに越したことは有りませんが、
いつも、いつもそういう訳には行かないのが株式相場です。

自分なりの正確なテクニカル分析の手法をみにつけていらっしゃる方は、
問題ないと思いますが、手軽にできる分析はやはり株価チャートですね。

そこで、貴方の含み益を守るチャート・パターンです。

大きく上昇した(大きく利益が乗った)後、下げ始め、大陰線から翌日下放れて始まり、
前日の終値をクリアーできないで終わった小陽線が示現した時、
買い方の反撃力は非常に弱い状態です。

このような場合は、リバウンドの域を脱していません。

つまり、新値を取って行くことが難しいパターンです。

ここは、貴方の大切な利益を守るため戻り売りを考えましょう。

貴方の利益が大きくなりますように!

------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

勝てない投資家の強い味方!

勝てない投資家の強い味方!独りよがりの投資を戒め、売買タイミング指示してくれる!

今日は、このブログで紹介しております優れたマニュアル
の製作までの経緯と、中身を少しご紹介してみます。
 ↓↓
 コレ

貴方にも参考になるかも知れません・・・。

実は、この「分析ソフト」は私の旧知の仲間である
「投資顧問の元ファンドマネージャー」から依頼されて作ったものです・・・。

彼の会社では、当然高度な数値解析のできるソフトで様々なデータ、例えば、
「サイコロジカルライン」「逆ウォッチ曲線」「RCI」「ストキャシティクス」
「各種移動平均」「出来高分布」等々を分析していたのですが、
会員様向けにもっと簡単で投資判断が素人でも簡単にできて、
できればその「ソフト」を使うことで株式投資が楽しくなるような、
そして、一番大切な利益をしっかりと出すことができるものを作って欲しいというものでした。

一応引き受けたはいいものの、難しかったのは、「株式投資が楽しくなる」という条件を
どのように組み込んだら良いかでした。

自分にも経験がありますが、データの取り込みから分析結果まで全自動で出来てしまう
「ソフト」は、条件を打ち込んで銘柄の絞込みにはいいが、
「全然面白くないな」と思っていました。

できれば、投資家が「自分の意志を反映できて、自分の力で利益を獲得できた喜び」を
実感できるものが良いと思いつきました。

そこで、パソコンさえあれば、誰でも簡単に使える「表計算ソフト」を利用して、
簡単なデータ入力で投資家が自作の「投資分析表」をつくって
「自分で簡単に売買タイミングを判定できる」ようにしました。

計算式は、私が長年試行錯誤しながら作った投資分析法を表計算用に簡便化した数式にして、
あらかじめ入力してありますので、投資家は、ご自分が選んだ銘柄のデータを入力すると、
その銘柄の売買タイミングが表示されるようになっています。

これなら、安い開発費で、投資家が誰でも「株式投資を楽しく」できるわけです。

これを使うと貴方は「ファンドマネージャー」になれるわけですから、
大いに投資家の特権階級の気持ちになって稼いでいただくことができると思います。

まー、こんな裏話がありましてこの【超短期投資分析表作成マニュアル】を開発した訳です。

先日、このソフトをご購入いただきましたユーザー様より
下記のような嬉しいメールもいただいております。

-------------------------------------------

先日【超短期投資分析表作成マニュアル】を購入しました〇〇です。

一言、御礼を言わせてください。

わたし、実際にこのソフト買ってみて
いろんなところに、いっぱい感動しました。

1)まず、文章が親切な語り口で説明も分かりやすく、
不安な初心者の気持ちを理解し、OOOOOと感じたと思うけど
そのうち慣れるから大丈夫ですからね、みたいに
さりげなく励ますようなしゃべり方になっていることです。
本当にお客さんの成功を祈っている誠実さが伝わってきます。

2)それから、次に気づいたのは、情報入力の簡単さです。
言われたとおりにすればいいだけですので助かります。
感情に左右されない分析法は精神的リスクもなく安心して
取り組めますね。

3)分析方法も丁寧に説明してありますし、
わたしの質問にも、メールですぐ答えが返ってきたところに
安心感があります。

本当に、素晴しいマニュアルを有難うございました。

------------------------------------------------------

いかがでしょうか。

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

株式情報のお宝ツール

貴方が情報を収集しようとする時、一番大切にしているものはなんですか。

インターネット上の書き込み情報?

新聞紙上の早耳情報?雑誌の特集?

それとも会社が発信しているIR?

でもよくよく考えてみるとここに発信されている情報って本当に信頼できて儲かるの?

「灯台元暗し」といいますが、案外貴方の身近なところに宝の山を掘り当てる
ツールが眠ってはいませんか・・・。

株式投資の分析方法としては大きく二つの方法に別けられます。
一つは、ファンダメンタル分析そしてもう一つはテクニカル分析です。

このどちらか一方が欠けても、投資成績はあがりません。

最近「デイトレード」が盛んになり、ネット取引が簡単に出来る様になって
その勢いは止まるところを知りませんが、デイトレの場合は、
比較的ファンダメンタル分析が無視される傾向にあります。

しかし、冷静に考えてみれば、最終的に大きく値を飛ばす銘柄はやはり高い確率で
「業績の良い」企業なのです。

こう考えると、たとえ目先の動きをキャッチして売買する
「デイトレ」といえども「動き始めれば大きく値をあげる」
確率の大きいこれらの企業を注目銘柄として、常に候補銘柄の中にいれて置くべきでしょう。

デイトレだけではなく、中・長期投資の方はなおさらです。

そこで、チョット足元を見て頂くと、いつも貴方の傍らにあるツールが浮かび上がってきます。

そうです「会社四季報」です。

「なーんだ」という方はもう株式投資で利益を放棄したも同然だといえます。

この本は、買っても普通眺めるだけであまり活用されていないのではないですか?

この本は、絵本と違いますからただ見るだけではだめです。

そう、「読む」ことをお忘れなく!

それも「深読み」しましょう!

でもどうやって「深読み」したら良いのでしょう。
多くの方は、そのポイントが分かっていないので「深読み」できていないだけです。
そのようなポイントもこれから取り上げたいと思っています。

「深読み」できれば宝の山は貴方のものです。頑張りましょう。

---------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
↓↓

そんな投資法があったらいいと思いませんか?
posted by 天地 リョウ at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

最高の経済学者!株式市場!

もう30年以上前の話になって恐縮ですが、マサチューセッツ工科大学に
ノーベル経済学賞をとったポール・サミュエルソンという経済学の教授がいました。

マサチューセッツ工科大学は、最近話題になっている、
前西武ライオンズの松坂投手がポスティングで移籍することになった
レッドソックスがフランチャイズにしているボストンにあるアメリカの最高頭脳が集まる大学です。

マサチューセッツいうと団塊世代の方は、あのビージーズが歌った
「マサチューセッツ」や「小さな恋のメロディー」などの映画を思い出す方もいらっしゃるのでは・・・。

ちょっと主題から外れましたが、そのポール・サミュエルソン曰く
「過去において、いかにすぐれたエコノミストの景気予測といえども、
株価の予測の正確さにまさるものはなかった」と・・・。

株価は、よく3〜6ヵ月先の経済の見通しを表していると言われています。
いわば、3〜6ヵ月先の経済の先行指標というわけです。

貴方が、株式投資を行うに際して、キャピタルゲインをあげるだけでなく、
この株価の先見性を貴方の商売や生活に大いに生かすべきです。

それこそ、株で儲けて実生活や実業でも儲けるというダブルチャンスが
株式投資をされている貴方の特権なのだと思います。

ところで、3ヶ月から6ヶ月先の株価はどのようになるのでしょうが!
29日に節目を割らずに反騰したことで底割れの危機を脱したようですが、
どうやら来年はまた外人の資金が東京市場に戻って来るようです。

特に外資によるM&Aがキーワードです。

----------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
↓↓
よろしかったら参考にして下さい
posted by 天地 リョウ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月22日

株式相場を読む「分析力」が必要です

こんな経験あなたにもありませんか!

株式相場をやっている方でよく経験することですが、
「もう」そろそろ危ないから利食っておこうかとか、「まだまだ」この株は上がるよといった発言をよく聞きます・・・。

そのすべてとは言いませんが、「もう」危ないと思って売った瞬間から
上がり始め、あれよあれよという間に大化けしたとか、

反対に「まだ」大丈夫と思って継続していた銘柄が下がってしまい
利益を吐き出して売るに売れない水準まで下がってしまったという、
泣くに泣けない話まで色々きかされます。

人の感覚というのは、その時の希望的観測や人の噂、有名なファンドマネージャーの予測、新聞や雑誌などのコメントなどがインプットされ、それらが客観的な資料として取り入れられるものでしたら良いのですが、案外自分に都合良く解釈してしまう場合が多いのです。

その結果としてこのような思いもよらない結果になってしまう事もあるのですね!

人の感覚はあてになりません!

そろそろと思って売った後に上がって、大きな利益を取りそこなったり、
せっかく利益がのっているのに売りそこなって損をしてしまったり、
そんなことが無いように、客観的な判断を提供してくれる株式相場を読む
分析力」を身につけることが大切です。

------------------------

今すぐ結果を出したい投資家のあなたに送ります
posted by 天地 リョウ at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

逆張りという売買テクニック

逆張り」は株価が下がってできる限り底に近いところを買うことで、
「順張り」の飛び乗り天井買いを防ごうという売買テクニックです。

この様に「逆張り」は、多少時間はかかっても株式投資を安全にやりたい方には、
理想的な「売買テクニック」に思えるのですが、やはり注意しなければならない点もあります。

注意点;

ここで注意しておかなければならないのは、そろそろ底だから買っておこうと思い、
銘柄を仕込んだら、買ったところからまだ下げてしまったということがあります。

これは確実に底を判定する能力が要求される売買テクニックと言うことができます。
ただ、「順張り」に比べて救われるのは・・・

「順張り」で引かされて場合は、株価の高い位置を買っている場合が多く、時間をかけても
なかなか戻ってこない場合が多いと言えますが、「逆張り」の場合は、安くなって
からの買いなので、「順張り」よりはまだ救われるかも知れません。

---------------------------------

稼ぐキャッシュポイントを掴め!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 天地 リョウ at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

投資法、株売買テクニックの順張りとは?

「順張り」は株式の売買テクニックで一番オーソドックスな投資法ということができます。
資金を効率よく運用するには買った銘柄が直ぐに上昇し始め、
利益がのって短期間のうちに利食いできる銘柄を買うことです。

ところでこの売買テクニックは、株式投資の経験が多少でもある方は、お分かりと思いますが、
買った銘柄がなかなか動かずに業を煮やして他の株に乗り換えたら、
そのとたんに動き始めたなどの経験です。

そこでその様なことがないように株価が動意づいてから乗りましょう(買いましょう)
という方法が「順張り」という投資法です。

注意点;

ところが、そこは株式投資です。一見理にかなっているように見えますが、
株価が予測どおり持続して上昇してくれれば問題はないのですが、
買ったら「一吹き」で終わってしまい買ったところが「天井」でした、なんて話もよく聞きます。

また、投資家の心理として、無意識のうちに「○○円」まで行くだろうという希望価格を
設定しがちで、多少利益が乗っても売らずに持っていたら買値を割ってしまった
なんて事は日常茶飯事におきます。

売買テクニックとしての順張りを行う場合には、その様な点を注意して
投資を行うことが大切です。特に株価が動き始め、高くなってから買いたくなる貴方!

気を付けましょう!

------------------------------

確立勝負の投資法なら・・・
↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
posted by 天地 リョウ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

株式投資、短期急騰銘柄の情報に惑わされるな!

あなに、株式投資についてお聞きしますが。。。

貴方は、インターネット、新聞、雑誌等で紹介されている短期急騰銘柄を買って
失敗した経験がありませんか?
これらの情報を活用して儲けるには、その情報を解釈する力が必要です・・・。

私たちの周りには沢山の情報が飛び交っていて「何が本当で、何がガセネタ」
かを判断することはとても難しいといえます。
貴方がこれらの情報を鵜呑みにして銘柄を売買すれば、
まずやられるのが落ちでしょう。

相場全体に上方のバイアスがかかっている時は
どんな銘柄でも多少高いところを買っても、少し嫌な思いを我慢して持っていれば
利がのってきて儲かることもあるでしょう。

しかし、そんな相場ばかりではありません。
それどころか、一般的に言って「短期急騰銘柄の情報」は
本当に旬の新しい情報なのでしょうか?
そこの判断を誤りますと「はめ込み、売り逃げ」なんてことも
実際にある話なのです。

それでは、短期急騰しますよといって教えてもらった銘柄の情報が
「新しいのか古いのか」誰か教えてくれる人がいますか?


結局、「情報で儲けようとする者は、情報で損する」場合が多いのです。
トータルでトントンならOKですが、引かされたら泣くに泣けないですね!

短期急騰銘柄として得た情報を「自分で買っていいか悪いかを判断できたら」
どんなに良いことでしょう!

株式投資の勝ち組み」になるためには勝ちつづけなければなりません。
どうか情報に惑わされないように・・・!
--------------------------
情報は沢山入ってきますよね。
でも情報の使い方がポイントです
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

posted by 天地 リョウ at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






ボーナス 運用

投資信託入門と実践
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。