2007年03月26日

日経平均もTOPIXも二空(二日連続マド空け)後のプラス陰線

世界同時株安から立ち直りをみせている東京株式市場ですが、
この様な相場つきになると自分も乗り遅れてはならないとばかり、
大きく値を飛ばした銘柄に飛び乗っていく投資家が多く見られます・・・。

ご本人にすれば、動きの良い銘柄にのって少しでも短期で大きな利益を目指そうとするのは、
投資家として当たり前の行動です。

飛び乗りは確かに危険な行為であることに違いはありませんが、
投資家として誤った投資行動なのでしょうか。

利益を得る為の行動である以上、一概に誤った行動であると責められるものではないと思います。
要はその運用の仕方で大きな利益にもなり、反対に大きな損失にもなるのです。

特に、デイトレのテクニックとして新高値銘柄を狙って、
上昇の勢いのある銘柄に買いを入れるのは一つの方法です。

実際このデイトレの方法で稼いでいる投資家もいます。

しかし、この方法はとても高度なテクニックなので、
スキルをマスターしていない方が実践することはとても危険です。

デイトレを奨励するわけではありませんが、このような銘柄に飛び乗って成功するには、
買いのスピードの掌握、値動き、等をリアルタイムで見ながら判定を下さなくてはなりません。

そこで、ザラバ中に値動きを見ていられない方は、日足のチャートに頼るしか方法がありません。

ここで大切なのは、とても単純なことですが、
けっして見くびってはいけないシグナルを見落とさないことです。

もしかして、バカにするなと言われるかもしれませんが、
「上髭の長い足」が示現したら手仕舞いして少ない利益でも確実にものにすることです。

もし、「上髭の長い陰線」で前日終値よりも安く引けたら、
目先この相場は終わったと理解して次の銘柄に乗り換えた方がぶなんです。

上髭の長さに気を付けましょう!

---------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・
「株ぞう」⇒見ないでください
posted by 天地 リョウ at 20:58| Comment(9) | TrackBack(0) | 株式市況日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

相場が順調な時ほど気を付けなければならない投資家心理!

22日の東京株式市場は、ニューヨーク・中国共に堅調な相場展開に加え、
寄付き前の外資系証券会社経由の注文状況が、久しぶりに買い越しとなったのを受けて
前日比220円の大幅高で寄付き、終始一貫高値圏で推移し、一時300円を超える場面もありました。

結局、日経平均ベースで256円高の17419円で引けています。

昨日の当ブログでは、マドを空けて上昇した日経平均について
強力な買いサインかと指摘しておきましたが、22日の相場でも2日連続のマド空けとなりました。

23日にもマドを空けた場合は、少し注意しなければならないことになります。

3日連続でマドを空けますと所謂「三空」となり、逆に強力な目先天井を意味します。

それでなくても、急ピッチで戻してきた相場ですので、
長期に上昇してもらうためにも多少の調整を入れて一服したほうが上昇の形は良くなります。

ここで、多くの投資家の心理を読みますと、今回に限り、暴落時に待ってましたとばかり、
バーゲンセールを拾っていたのは、我が日本の個人投資家でした。

このことは、とても嬉しいことですし、世界同時株安に歯止めをかけたのも
日本の個人投資家と誇れます。

しかし、一方で乗り遅れた投資家はと申しますと、
買わない(買えなかった)リスクで焦りを感じ
この高いところを飛び乗って行きはしないかと心配になります。

ここは、押し目を待って冷静にタイミングを計ることが大切です。

くれぐれも、飛び乗り厳禁です!

-----------------------

「株ぞう」日経225にも効果的です。
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東証一部 株式市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

マドを空けて買われ14日の下マドを埋める!これは強烈買いサインか!

日経平均の20日の動きは強烈な買いを示現しました。

14日に243円のマドを空けて二番底を探りにいった日経平均でしたが、
20日の値動きは、反対に上マドをあけて14日のマドを埋めました。

ただ、終値ベースでは(実体では)完全にマドを埋めてはおりませんが、
上髭で十分マド埋め完了です。

今後は、12日のザラバ高値17325円を抜けてくることが完全上昇トレンド入りの証になります。

ところで最近弊社の分析ソフトを買われた方からこんなお便りを頂ました。

『いままで、一時的な大幅調整はあったが、平均すれば一貫して上昇してきた相場なのに、
全然儲かっていない。

特に、主力の銘柄を主体に買っていれば良かったのに、値動きの良さに誘われて、
新興市場を手がけて真綿で首を絞められるように、一貫して下げ続け、
今では買値の三分の一になってしまった。

なんとかして立ち直りたいので、新規の資金を投入して気持ちを入れなおし
「御社のソフト」を利用して、長らく味わったことのなかった儲けを享受することができました。

そこで、気がついたことは、如何に自分独自の希望的観測で株を売買していたか、
そして、ネット上にあるただの情報に翻弄されていたか、ということに気がつかされた。』と・・・。

多くの投資家が陥りやすい失敗を誘う「ブラックホール」は、いたるところに穴を開けて
あなたを待ち受けています!注意してことに臨みたいものです。

あなたも今後の相場の流れに上手く乗って儲けられると良いですね!

---------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市況日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

第一関門通過!14日のマド空けを埋められるか!いよいよ正念場です!

週明けの東証株式市場は、日経平均で265.40円高の大幅高で第一関門通過です。

19日の日経平均の動きを追って見ますと、朝方寄付き一番では30.16円安で寄付き月曜日とはいえ、
少々ぼけた相場展開でしたが、徐々に上値を取る展開からアジア市場の大幅高も好感され、
後場は、200円高を挟んで推移し大引けにかけては一段高で引けました。

この日の注目は何といっても、14日の大幅下落後の高値16942円を実体で抜いてきたことです。

14日以後の日経平均のザラバ高値は先程も言及しましたが、15日のザラバ高値16942円でした。

19日の日経平均はその15日の高値を実体(終値)で抜いてきたことに大きな意味があります。

チャートの形は、ほぼ包み陽線で前3日分を19日の1日分でクリアーしたことになり、
これはチャーチストからすれば強烈な買い陽線ということになります。

ところで、14日に500円以上の大幅安を演じた際に、217円ほどの下マドを空けています。

前回の3月5日の世界同時株安の際も、大きな下マドを空けましたがこの時は、
12日のリバウンドの過程でマド埋めを完了していますが、今回、14日のマド埋めを実現しますと、
前回のマド埋めとは意味が異なってきます。

それは、今回の反騰は5日のザラバ安値16533円を下回らずに上昇を始めたということです。

マド埋め完了後、更に、前回リバウウンド(12日)の高値17325円を実体で(上髭でも)
抜いてくることで、今回の世界同時株安の後遺症から完全に脱却できたという証になるわけです。

ところで、19日はもう一つ強気の分析がでています。

それは、超短期ですが、上値抵抗線を陽線の実体が抜いてきている点です。

このことも、今後の相場を占う上で特筆すべき点と心得ます。

さて、今後の相場!吉とでるか凶とでるか楽しみです。

-----------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・

「株ぞう」
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市況情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

今日も株式投資の儲けの種を探して見ましょう!

「誰も(買い方)が株で儲かる条件」捜してみたいと思います。

裏を返せば、もし条件が反対ならば「誰もが株で儲からない条件」も理解できることになります・・・。


株で誰もが儲かるためには、「相場全体が上昇」しなければなりません。
どんな銘柄を買っても(どんな銘柄を持っていても)上昇率は差異があっても
すべての銘柄が上がる状態です。

まず、大幅減益、倒産、上場廃止、天井買い、等々、不測の事態が無い限り
本当に平凡な銘柄でも、全体の相場が上昇基調にある時はあがります。

それでは、「その条件」はなんでしょうか。

そこでチョット見方を変えてニュ−ヨークの市場規模を見てみますと、
だいたい時価総額で4,000兆円です。

それでは、わが東京は幾らかと申しますと、残念ながらとてもニューヨークには足元にも及ばない、
約十分の一の500兆円です。

もし、ニューヨークの投資家が、彼等の投資資産の一割を東京に振り向けたらどうなるでしょうか?
たった一割でもニュ−ヨークから東京の時価総額と同じ400兆円が流入してくることになるのです。

これは、大変なことです。この様なことが起れば、
少なくとも、東京は70〜80%株価が暴騰するでしょう。

みんな含み益を抱えてお祭りになってしまいます。

ところで、現在の東京株式市場から外人が資金を引き上げたらどうでしょうか、
全く反対の状態がおきることになります。

株式投資で、貴方が一番注意を払わなければいけないのは、
外人の動きを常にチェックしていく姿勢といえます。

具体的には「週単位での外人投資家の買い越し額」「外国証券の寄付前の注文状況」のチェック、
更にきめ細かく分析するには、外人の動向だけでなく東証全体の時価総額にも心を配ると良いとおもいます。

外人その他の資金が、市場に流入してきているか逃げ出しているかの判定で、
一番良いのは「日経平均」や「TOPIX」よりも、「日々の売買高概算で売買代金概算を除した
指数」の増減変化のチェックかもしれません。

貴方も研究してみては如何ですか!

--------------------------

「株ぞう」日経225にも効果的です。
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市況情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

一応歯止めがかかった株式市場!12日の17325円をクリアーできるか!それとも?

今回の調整局面では現れていませんが、株価が大きく調整する場合には
「二点天井鬼より怖い」と相場格言で恐れられているように、
チャートの形状には、案外「調整のシグナル」が表れるものです。

この形状が現れていないということは、相場はまだ上昇過程にあると理解しても良いのでしょうか!

これと反対に、大きく調整をして底を打った場合はW型の底を形成します。
人によってはΩ波と呼ぶ人もいます。

W底は一般的な呼び名ですが、Ω波を使う人は少ないようです。
形の上では、底値近辺で二つの「ボトム」が現れれば下げ完了から
反騰に移るパターンが多いのでチャーチストの間ではとても重宝な
上昇シグナルととらえているようです。

しかし、100%底打ちシグナルかと申しますと、そこは株式、そう簡単には問屋が卸しません。

W底ならぬトリプル底もあるので困ったものです。

ここで、先程のΩ波を使う方々が単にW底と言わない理由があります。

それは、彼等がオーム波と呼ぶ場合には、上げ約26日、下げ約26日、
計約52日でΩ波が形成されて、底打ち完了と判定している点です。

つまり、相場が底打ちを完了するには、株価が2回以上同値近辺まで下がって来ることに加え、
日数の経過、つまり日柄調整も必要と考えていることです。

これは、とても大切なことです。

現在の相場の動きを見ていますと、調整基調が強くなっています。

今後の流れで、上昇シグナルを見落とすことなく、チャンスをものにして下さい。

-----------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・
「株ぞう」
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市況日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

予定どおりの下げだが、気になるニューヨークの大幅下落!

13日のNY株式市場は、サブプライムローン(信用度の低い個人向け住宅ローン)
の焦げ付き懸念が広がり、NYダウは242.66ドル安の大幅下落となりました。

これを受けて始まった東京株式市場は、朝方の寄付きから242円安で寄り付いた後は、
売り気配銘柄が寄付き始めると一気に値をさげ、その後も終始一貫下げ続ける流れとなりました。

日本時間の11時から始まる、中国市場に期待したものの、
こちらもNYを請けて弱含みで推移したため、後場に入っても下値を拾う動きは見られず、
ジリジリと値を下げる悪い流れとなりました。

ここで、一昨日までの当ブログの相場予想を思い出してください。

『ここからは、一旦売りがでて、押し目をつくっても不思議ではありませんが、
前述のパターンのジワリ上昇型で推移する可能性も大いにあることを念頭においての
投資戦略をたててください。

ここから下げた場合には、前の安値を下回ってきた時は最悪です。』

という内容でした。

14日の日経平均の水準を具体的な株価を当てはめて見ていきますと、
まず確認しておきたいのは、例の「中国発、世界同時株安」時点の最安値は
3月5日のザラバ安値16533円です。

この日の終値が16642円で直近の引け安値となっています。
14日のザラバ安値は、16628円と5日のザラバ安値にはまだ糊代はあるものの
大分危険水域に入ってきました。

終値は、16676円と5日の終値を上回ってはいますが、これまた糊代が少ない水準まできています。

いつも、当ブログで指摘していますように、5日の安値を切ってくるようですと最悪です。

中・長期の調整トレンドに入ってしまいます。

ここは、NYに頑張ってもらうしかありませんが、さてNYは?!

日経平均は、ここから一気に切り返して12日のザラバ高値17325円を抜いてくることを期待しましょう!

---------------------------

「株ぞう」日経225にも効果的です。
   ↓↓
ここを見ると・・・・
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューヨーク株式市況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

時には長期チャートのチェックもお忘れなく!とても役に立ちますよ!

毎日相場に注目して売買していると、どうしても目先の値動きに
気持ちを奪われてしまうのは仕方のない事です。

しかし、大きな相場の流れを無視して取引に臨んでも好パフォーマンスを上げることはできません・・・。

大きな相場の流れは、言うまでもなく月足チャートを見ると一目瞭然で、
今どちらの方向に相場が動いているかが一目で分かります。

下の10年間のチャートを見てください。

http://tinyurl.com/bnokr


このチャートは「ヤフー・ファイナンス」の月足チャートですが、
こうして眺めて見ますと案外株価のながれというのは大きなうねり
(波動)で動いていることがお分かり頂けるとおもいます。

この月足チャートを見て気が付くことは、一度方向が決まると最低でも1年、
長いときは3年以上、同じ方向へと動くということが確認できます。

例えば、2000年から2003年にこの流れに逆らって買いつづけたらどうなるか?
細かく週足や日足で見れば下げの中でリバウウンドを繰り返しながら下がりますので、
リバウンドを拾えば買いでも儲かるでしょうが、相当高度なテクニックが必要です。

それよりも、流れに逆らわずに売りで勝負した方は、
買いの方よりも遥かに大きな利益を獲得できるでしょう。

このことに、気がついていらっしゃる方は、案外少ないようです。

反対に2003年以降は、買い中心の売買戦略をたてるべきですね!

多分毎日の値動きに気を取られてしまい、ついチェックを忘れてしまうのでしょう。
時には長期チャートでロングの流れを確認しながら戦略をねりましょう。

「相場は相場に聞け」ですネ!

--------------------------

スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・
「株ぞう」⇒ココです
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市況日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

日興コーディアル上場維持は吉とでるか!相場はここから値を保てるか?

東京証券取引所は、12日、日興コーディアルの上場維持を決定しました。

相場の透明性が今後更に進展するかが問われると同時に、
おかげで世界同時株安の東京市場の下げに拍車をかけたことの反省も忘れて欲しくないものです!

一方、東京株式市場は、もう少しで先般申し上げておいた17,500円近辺に
手が届くところまでさしかかってきました。

ここから、先はリバウンドのやれやれ売り物が出てきても不思議ではない水準となります。

とは言え、チャートを見ますと、朝方高寄りしたあと売られはするものの、
前日よりプラスで引ける強さを見せていることも確かです。

この中身は、買い意欲が強く売り圧力はあるものの、
下値はしっかり拾っておこうという投資家が多数いることを如実に物語っています。

この様なパターンは長期にジワリジワリ上昇して行く時に多く見られます。

とりあえず、ここからは、一旦売りがでて、押し目をつくっても不思議ではありませんが、
前述のパターンのジワリ上昇型で推移する可能性も大いにあることを念頭においての投資戦略をたててください。

ここから下げた場合には、可能性はゼロに近いですが、前の安値を下回ってきた時は最悪。
多少の押し目からの第二上昇波動入りで、日足の直近の高値を抜いてきたら
完全陽転で中・長期の上昇相場の始まりと見て差し支えありません。

これらのポイントを読み違えずに、下降・上昇の売買ポイントを「分析表」を駆使して
キャッチしてください。

ここからは、あなたの腕のみせどころです。

-----------------------

「株ぞう」日経225にも効果的です。
   ↓↓
  これです。
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市況日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

株価の目安を予測しても、目標株価を設定して売買しないこと!

株価は色々な投資主体が様々な思惑で売買した結果、
人々の総意で決まった、現時点での企業の価値です。

色々な人々の意見や考えが反映された結果ですから、その意味からすれば、
実はこの株価こそが「極めて有効な指標」なのです・・・。

極めて有効ということは、現在の株価が先に述べた価格形成の条件や経済的与件を織り込みながら、
過去における日々の取引の過程で、将来の株価の方向性を暗黙のうちに示唆していると言うことなのです。

少々難しくなってしまいましたが、ここはまあそういうものなのかという程度の理解でかまいません。

ここで忘れてはいけないことは唯一つ、過去から現在の株価の推移が
未来の株価の方向を示唆しているということです。

未来の方向(バイアス)は予測できても、価格を予測できる人はいません。

よく、株価を理論株価として計算しますし、計算はできます。
しかし、市場価格が理論株価と一緒になることはまれです。

それ故、あなたは「上がるから買う」「下がるから売る」の繰り返しを
素直に実行することの方が大切といえます。

その結果として、いくら利益がでたかがあなたのパホーマンスです。

くれぐれも最初から「この株はいくらになる」など考えないことです。

目標株価を決めて、せっかく利益がでても目標に到達する前に下がってしまい、
売りそこねて損をすることさえあります。

「頭と尻尾は人にあげる」利益はほどほどが良いのです。

--------------------------

 コレ
 ↓ ↓
「株ぞう」。
スイングトレード、中・長期投資
日経225、デイトレ・・・
お好みの投資スタイルでどうぞ・・・
posted by 天地 リョウ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式市況日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする






ボーナス 運用

投資信託入門と実践
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。